Bird Design Letterpress

片面印刷と両面印刷

2011年11月18日

活版印刷でのへこみは、片面印刷か両面印刷か、また両面印刷でも表面と裏面の図柄が重なっているかどうかによって、かけられる印圧具合が変わってきます。印圧具合を大まかに場合分けをすると、以下のようになります。

片面印刷での印圧具合
・表面:大(表面をへこませて印刷)
両面印刷で、表面と裏面の図柄が重なっていない場合の印圧具合
・表面:中、裏面:小(表面を中程度へこませて、裏面は軽くへこませる)
両面印刷で、表面と裏面の図柄が重なっている場合の印圧具合
・表面:中、裏面:極小(表面を中程度へこませて、裏面はほとんどへこませない)

この印圧具合や仕上がりについては、言葉ではなかなか説明しづらいところではあるのですが、ご参考の為に以下にご説明致します。

表面の印圧を大きくすると、裏面には表面に印刷した跡ができます。ですので、両面印刷の場合は、表面の印圧を裏面に跡があまり出ないように加減して印刷する必要があり、結果、片面印刷と比べてへこみは少なくなります。

また両面印刷時には、裏面から表面と同じところに印圧をかけてしまうと、表面のへこみが戻ってしまうという状況がある為、表面と裏面の図柄が重なっている両面印刷の場合は、裏面の印圧は最小限に留める必要があります。

表面と裏面の図柄が重なっていない両面印刷の場合でも、表面と裏面の印圧具合には差を出しています。これは、用紙にもよるのですが、紙の表面は裏からの跡が目立ちやすく、紙の裏面は表からの跡が比較的目立ちにくいからです。また、紙の表面を比較的くっきりとへこませた方が、印刷仕上がりが綺麗になるという経験上の理由もあります。

個人的には中程度の印圧(両面印刷の表面)でも、くっきりとしたへこみ具合だと感じていますが、片面印刷の方が裏面を気にせず印刷できる為、よりくっきりとしたへこみ具合になります。

※印刷図柄面積の大きさによっては、へこみが出ない場合もあります。

取扱い用紙(レトラ)を追加致しました

2011年9月19日

取扱い用紙(レトラ)を追加致しました

レトラ(Lettra Fluorescent White 110 lb.)

取扱い用紙に、レトラを追加致しました。レトラは、活版印刷(letterpress)用に開発された米国クレイン社製のコットンペーパーで、1枚の厚さが約0.52mmになり、100枚で約52mmになります。色は、蛍光白(Fluorescent White)という色で新雪のようにまぶしい白色になり、紙の表面には、すこしもこもとこした表情があります。

米国のレタープレスでは定番の用紙で、ふわっとした軽さがありながら、腰のある紙です。また、経年劣化しづらいコットン100%なので、長期保存にも向いています。

レトラをご指定の場合は、100枚につき2,160円の追加料金にてご提供させていただいております。ぜひご検討くだい。

【写真】左:レトラ100枚、右:ハーフエア100枚

ポスターとチラシを真映社さんに置かせていただいてます

2011年7月4日

ポスターとチラシを真映社さんに置かせていただいてます

千代田区神田錦町にある「株式会社真映社」さんの軒先に、ポスターとチラシをしばらく置かせていただくことになりました。実際に印刷した名刺サンプルのポスターになっておりますので、名刺の仕上がり具合等、直接見てご確認いただけます。※真映社さんへの行き方は、ご案内図よりご確認くだい。

真映社さんは、パソコンのデータから以下のような凸版を製造されている製版会社様です。

・レタープレス用の亜鉛凸版や樹脂凸版
・レタープレス用のディープレリーフ樹脂凸版
・箔押しや空押し用の亜鉛凸版
・エンボス用の樹脂凸版と凹版

ブログではもっとユニークな製造品も紹介されていますので、ご興味のある方は是非ご一読くだい。また、ブログでご紹介いただいたバードデザインレタープレスの記事も記載させていただきます。

七夕とディープレリーフ
活版第三世代の登場
硬くて厚い樹脂版

株式会社真映社
http://www.shin-ei-sha.jp/index.html
株式会社真映社ブログ
http://blog.shin-ei-sha.jp/

活版印刷のへこみ

2011年3月4日

活版印刷のへこみ

シャープでありながら柔らかいへこみで印刷するには、版の種類や面積、また印刷機械や技術にもよるのですが、紙による影響が一番大きいと感じています。

バードデザインレタープレスで主に使用しているハーフエアという紙は、一枚の厚さが約0.4mmになり、100枚重ねると約4cmになるほど厚い紙でありながら、ふわっとした柔らかさを持ち、活版印刷によるへこみが表現しやすい紙です。

綺麗に印刷された活版名刺のくっきりとした柔らかいへこみは、光の加減による陰影が美しいのです。それは、箔押しやエンボス加工のような力強いでこぼこではなく、柔らかく刻まれた活版印刷特有のへこみにより表現される陰影です。

【写真】用紙:ハーフエアコットン、インキ色:金

ウェブサイトオープンのお知らせ

2011年1月24日

Bird Design(バードデザイン) は、活版印刷名刺のウェブサイト Bird Design Letterpress(バードデザインレタープレス) をオープン致しました。これに伴い、オーダーが可能な商品を紹介しております。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

3 / 3123